忍者ブログ
2007/6/17開始 2007/8/10改装&リネーム                                                                    ©2006 Actozsoft, All right reserved. ©2006 Gamepot Inc, All right reserved.
ブログ内検索
ラテールMusic Player
曲名を選択



プロフィール
HN:
HA・RU
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/05/27
趣味:
ゲーム、インターネット
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラテール創作小説 新章

更新しないときゃしませんし、するときはします・・・ってことで2夜連続更新!!

ドンドンパフパフ!!(ぁ

今回はゲストキャラ同士のバトル+知るひとぞ知る、新キャラの登場です。
ご覧いただく場合は続きをどうぞ( ´・ω・`)っ




ラテール
ジエンディアサイドストーリー
            ~BSB~

「第11話、武闘大会~その2~」


[エリアス]
[格闘場]

気合と共にケイラはブニブニに向かってダッシュする。

「はあぁ!」

そしてそのまま木剣を最上段から勢いよく振り下ろす。

「よいしょ・・・っと」

ブニブニはその剣を自分の持つ剣で受け止める形で待ち構える。
そして剣同士がぶつかる瞬間切っ先をわずかに引き、ケイラの剛剣を受け流した。

ドゥン!!

ケイラの放った一撃は地面をえぐり、土煙が舞う。

「けほっけほっ、相変わらず荒っぽいわねぇ」

「まだまだぁ!!」

ケイラはそのまま動きを止めず、激しくブニブニを攻め立てる。
しかしブニブニの防御は完璧で、ケイラの猛攻を見事にしのぎきり、
二人の間に距離が開く。

「・・・どうした?攻めてこないのか!?」

ケイラは切っ先を突きつけてブニブニに挑発を促す。

「いやねぇケイラ、そんなにおてんばだとお嫁の貰い手がなくなるわよ?」

しかしブニブニは意に介さずケイラの挑発行為すらも軽く受け流した。

(ちっ、やっぱりやりにくい相手ね・・・。)

ケイラが突き出した剣先をひっこめようとしたその一瞬。
ブニブニは流れるような動きでケイラに一気に詰め寄った。

(何!?)

そしてそのまま身体を横に回転させながら、その勢いを利用して真下から切りあがる。

ガキッ!

ケイラは咄嗟に盾をもった左手で受け止めた。

「ひゅぅ!」

しかしブニブニの勢いは止まらず軽く跳躍しつつ、まるでバレリーナのように鋭く回転する。
そしてそのまま剣を幾度に渡ってなぎ払った。

これにはさすがのケイラも捌ききれず、幾度となくブニブニの剣撃がその身体を撃つ。
しかしケイラは後退するどころか前に踏み込み、全身の力を持って剣を振るう。

「はぁぁ!!」

ガキン!

その一撃はブニブニの放った剣と衝突したが、ケイラはそのまま思い切り振り切る。
その結果勢いに押されたブニブニはきりもみ状で宙に投げ出され、そのまま地面に
衝突した。

ケイラはすぐさま追撃を試みたが、先ほどのダメージが残っているためか、足の出が鈍い。
一方地面に落下させられたブニブニはその隙に足を振り上げその反動を利用し、
一気に立ち上がった。

その瞬間会場にどよめきが起こる。

「すげえな。国王の実力者って言葉もあながち間違いじゃなさそうだ。」

BSBは二人の戦いを見て、素直に褒め称える。

「全く、機会があれば一度手合わせ願いたいものだ。」

これにはクロスも同意見だった。

「・・・なんかその表現やらしくねえか?」

「ん?何がだ?」

BSBはクロスの発言にツッコミを入れたが、クロスは意味がわからないといった
表情で聞き返す。

「つまんねえ奴だな、何でもねえよ!」

BSBはそのままそっぽを向いた。

「全く、お前という奴はその飄々として動きや攻撃、やりにくくて仕方がない。」

ケイラは左手で額の汗をぬぐう。

「あなたも女でありながらその腕力は反則だと思うわよ。」

ブニブニは身体についた砂を払い落とした。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<別会場>

(うーん、あちら側は盛り上がってるなぁ。)

水色の長髪を後ろで括り、およそ闘いとは無縁といった感じのスラリとした体つきをした
美青年は乙会場の方に顔を向けた。

「ぐ・・・う・・・」

その後ろで彼とは対照的にがっちりとした体つきの男が仰向けに倒れた状態でうめいていた。

「うん?まだやる気かい?」

「あ、あたりまえだ・・・!」

男は震える膝を右手で押さえ込みながら立ち上がる。

「うーん、僕は早く終わらせてあちらの試合観戦に行きたいのですが・・・。
どうでしょう?このへんでギブアップしてみませんか?」

「ふ、ふざけるな!!」

男は怒りに任せて青年に向けて走る。

ブオン!

しかし突如、青年の周りに熱風が吹き荒れ、男はその勢いに押され、その場で足をとめた。

「やれやれ、どうして格闘家という人種は皆こんなに荒っぽいんだろうね。」

見ると青年の両手に赤い炎がともっている。

「火傷しなきゃわからないのかな!?」

ブオォ!!

青年は勢いよく右手を横に振るう。
それと同時に放たれる炎の渦が男を飲み込む。

「もう一つ!」

さらに左手を同じように振るうと炎の第2陣が男を巻き込み、吹き飛ばした。
そのまま倒れこんだ男の身体はピクリとも動かず、プスプスとこげた匂いが辺りに
立ち込める。

そして青年は両手に残る炎の玉を強く握りつぶし、かき消した。
もう一つの会場とはうって変わった静けさがあたりを包む。

「ねえ、審判さん。早く治療してあげないと危ないと思うけれど?」

青年の声に我を取り戻した審判は青年の勝ち名乗りを上げた。

「しょ、勝者、ケラーマン!!」

その闘いの様子を見ていた深艶は全身を強く震わせる。

(強い・・・彼が次の僕の対戦相手か・・・)


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

乙部門では二人の激しい戦いが繰り広げられていた。
両者共に全く一歩も引かず、徐々に手傷は負っていくものの、互いに決め手がない
状態だった。

二人が戦いはじめてから既に15分以上経過しており、互いに肩で息を弾ませる

(こうなれば「あれ」を出すしかない、か・・・)

そこでケイラは覚悟を決め、最後の勝負に出る。
左手の盾を放り投げ、剣を持つ右手もだらりと下げて全身の力をぬき、その場に立つ。

(これは・・・あなたにしてはらしくない消極的な策をとるじゃない)

ブニブニはその姿を見て、一瞬にしてケイラの覚悟を見て取った。

(このままケイラの間合いに入るのは罠に足を踏み入れるようなものだけど・・・)

ブニブニはジリジリと徐々に間合いをつめていく。
会場は二人の様子を固唾を呑んで見守っていた。

「あれは・・・無明陣!」

「ん、なんだそりゃ?」

「静の奥義の一つ、全身の力を抜き自然体な構えで相手を待ち構える。
そして相手の一撃を受けるその一瞬に全ての力を爆発させる技だ。」

「最後の勝負ってわけか。」

「あの技は失敗すればしかける側はただではすまん、まさに捨て身の奥義。」

「あとはブニブニちゃんがその誘いにのるか、だな」

(うーん、行きたくないんだけど、さすがに行かないわけにもいかないわよねぇ。)

ブニブニは足をとめ、剣を収める。

「しょうがない、ケイラちゃん。これで最後にしよう!」

ブニブニはそのまま大きく息を吸い、気迫を全身にみなぎらせる。

「・・・遠当てか?」

「いや、違うな。あれは絶刀の構え!」

「またわかんねえことを・・・」

「先ほどの技に対してこちらは動の奥義だ。極限まで高めた気を纏った状態で
相手の懐に飛び込み全身全霊の一撃を持って相手を切り払う。しかしこれは・・・」

「これは・・・なんだよ?」

「いくら木製の剣を使っているとはいえこの二つの奥義のぶつかり合いはあまりにも危険だ。
とめたほうがいいかもしれん。」

「んだと!?」

ブニブニは極限まで練った気を纏い、地面を蹴ろうとしたその瞬間。

「そこまでだ!!」

ラジャータ王がその場で立ち上がり、突然大声を張り上げる。

「王!?」

その声に反応したケイラは構えをとき、勢いよく振り返った。

「試合時間終了だ。残念ながらここまでだな。」

「時間・・?」

ブニブニが時計に目をやると時計の針は確かに終了時間を指し示していた。

「この試合は引き分けとする。本来なら判定で決めるところであるが・・・」

ラジャータは疲労困憊した二人の様子を眺めてこう判断する。

「もともと二人は正選手ではないのだ。この試合の勝者はなしとする!」

「王がそういうのであれば・・・ブニブニ!」

「なぁに?」

「今回の決着はお預けだ!しかし次こそは叩きのめしてやる!
覚悟しておけ!!」

「うう、私はもうこりごりだわ。お願いだからあなた一人でやってて;;」

二人のやりとりを見て、会場からは盛大な拍手が巻き起こった。
しかしその様子を冷ややかな目で見つめる一人の人物。

(王国の近衛騎士同士の戦いか。しかしまだまだ甘い・・・)

そしてその人物はちらりと観客席のBSBに目をやる。

「ふん、幽霊がこの世に舞い戻ったというわけか。
しかし死人はあの世に舞い戻る定め、貴様の居場所はここではない。」

その人物はぼそりと謎の言葉をつぶやく。

「くくく、お楽しみはこれからだ。待っているがいい・・・」

そういい残し、謎の人物はその姿を消した。

 

 

 


はい、後書きです。

ぶっちゃけ二人の戦いはクジでも引いて勝者決めようかとも思いましたが、今回はこういう
形での決着です。

そしてクロスさはすっかり解説お兄さんに(ぁ

さらに、今回初登場!ケラーマンさんです!!
とりあえず炎術師という設定にしておきました。

甲部門も出そうと思えばまだまだ人出せるので、深さは気を抜かないように(ぇ

それでは本日はこのへんで失礼w

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- Clair de Lune --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]